メンテナンスが必要な箇所と周期とそれに発生する費用とは

外観、内装ほぼ入れ替え完了期

如何なる修繕放置で床抜けが起こるのか

歩くと床に剛性が無くなりフカフカするという場合は床材の劣化か下地である根太部分の劣化が挙げられますので警戒が必要です。
よって、床に剛性が無くなりフカフカする場合の修理方法を御説明いたします。
まず、床材を剥がして住宅の床を張る為に必要となる下地であります根太(ねだ)と言われる部分と床材の補強なり交換による修繕が必要となります。
つまり床に剛性が無くなる現象の根源が根太の腐食が原因となっておる場合が殆どです。
この下地部分であります根太の腐食を放置すると住宅全体の劣化す招く事態に陥りますので早急なる対処工事が必要となります。
クッションフロアはそれ自体が腐食することが原因で床に剛性が無くなる事象は少ないのです。

白アリ発生による床の劣化も要警戒

白アリによる被害の可能性が考えられる状態を検証いたします。
窓や襖戸がスライドできなくなったり物が転がったりする程に床面が傾いておる場合や、歩行の度に床がふわふわとして剛性の感触に欠け床鳴りが発生しておる場合には白アリが床の下地部分を破損させておる可能性が高くなっているでしょう。
白アリによる床の破損が起こりやすいのは特に湿気が多い洗面所や脱衣所の床などの水周り周辺です。
床鳴りは白アリによる原因では無く経年劣化によるものだろうと放置してしまいがちな方が多くいらっしゃいます。
しかし、白アリが原因による床の劣化が発生してしまっている場合には破損はどんどん進行していきます。
よって、床の異常を感じたら白アリによる被害の可能性を想定し床の修理と白アリ点検の両方を行える工務店などに相談することをお勧めいたします。


この記事をシェアする